抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
神経質、精神不安、不眠等の症状の改善を目的として用いられる漢方処方製剤の一つ。

虚弱体質で神経が昂ぶる人における神経症、不眠症に適すとされるが、胃腸の弱い人では不向きとされる。
 小児の疳や夜泣きにも用いられるが、1週間位服用しても症状の改善がみられないときには、いったん服用を中止して、専門家に相談する等、その漢方処方製剤の使用が適しているかどうか見直すことが望ましい。


抑肝散加陳皮半夏の構成生薬
  • ハンゲ
  • ソウジュツ
  • ブクリョウ
  • センキュウ
  • チョウトウコウ
  • チンピ
  • トウキ
  • サイコ
  • カンゾウ

薬局で買える「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」製品の例
  ・ 抑肝散加陳皮半夏 12包【第2類医薬品】
  ・ ヨクカーンS(抑肝散加陳皮半夏)
  ・ 抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒(クラシエ)90包【第2類医薬品】

薬局薬剤師 薬の説明一般用医薬品 薬効分類一覧
1. 精神神経に作用する薬3)眠気を促す薬>④漢方処方成分>抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)関連記事」
  ・ 漢方薬関連一覧



薬局で買える一般用医薬品(OTC)の説明漢方薬) > 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ

キーワードで関連する記事を探す


関連記事    一覧:  漢方薬  


薬局で買える一般用医薬品(OTC)の説明内検索
カスタム検索


薬局で買える一般用医薬品(OTC)の説明漢方薬) > 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)(現在のページ)