メタケイ酸アルミン酸マグネシウムの特徴

メタケイ酸アルミン酸マグネシウムは胃酸の中和作用のほか、胃粘膜にゼラチン状の皮膜を形成して保護する作用もあるとされ、胃腸薬に配合されている。




服用しない事
透析療法を受けている人
(長期間服用した場合に、アルミニウム脳症及びアルミニウム骨症を発症したとの報告があるため。)

相談すること
腎臓病の診断を受けている人
(過剰のアルミニウムイオンが体内に貯留し、アルミニウム脳症、アルミニウム骨症を生じるおそれがあるため。)


「メタケイ酸アルミン酸マグネシウム」が配合されている医薬品
  ・ ガストール細粒【第2類医薬品】
  ・ パンシロン01錠【第2類医薬品】
  ・ 新三共胃腸薬グリーン【第2類医薬品】

「登録販売者」関連
  ・ 7日間でうかる!登録販売者テキスト&問題集
  ・ 合格エキスパート登録販売者試験問題集
  ・ マンガはじめて登録販売者



薬局薬剤師 薬の説明一般用医薬品 薬効分類一覧3. 胃腸に作用する薬胃の薬(制酸成分)メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

「メタケイ酸アルミン酸マグネシウム関連記事」
  ・ 制酸成分関連一覧



薬局で買える一般用医薬品(OTC)の説明制酸成分) > メタケイ酸アルミン酸マグネシウム(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ

キーワードで関連する記事を探す


関連記事    一覧:  制酸成分  


薬局で買える一般用医薬品(OTC)の説明内検索
カスタム検索


薬局で買える一般用医薬品(OTC)の説明制酸成分) > メタケイ酸アルミン酸マグネシウム(現在のページ)